探究学習とデザインの接続で社会課題にアプローチ出来る人材育成を。多摩美×宝仙学園中学校・高等学校 対談公開

  • TOP >
  • Activity News >
  • 探究学習とデザインの接続で社会課題にア...


大学通信社発行の教育情報誌「ユニヴ・プレスVol.40(2023年11月発行)」で、統合デザイン学科・永井一史教授と宝仙学園中学校・高等学校の米澤 貴史教諭のスペシャル対談「デザインを、一人ひとりの生きる力に。–【「Tama Design High School」開校記念対談】」が掲載されました。

対談では、デザインやデザイン思考の価値と教育への応用、さらにはデザインはどのように人や社会を幸せにし、貢献できるのかということについてお話しています。

また11月20日より東京ミッドタウン・デザインハブでは、どなたでも参加可能な、第一線で活躍する研究者や実務家(佐藤卓、土井善晴、水野学など)を招いた講座「Tama Design High School」も開催しています(会場だけでなくYou Tube LIVEでも配信/聴講無料)。
中学校や高校の探究学習とデザインを接続させるきっかけの一つとして「Tama Design High School」をぜひご活用ください。

同内容は大学通信ONLINEにも掲載されています。

ユニヴ・プレスVol.40をPDFでも公開しました。ぜひご覧ください。

  

関連リンク

大学通信ONLINE 特集ページ
「Tama Design High School ゼロから学ぶはじめてのデザイン」特設サイト
統合デザイン学科 紹介ページ


バックナンバー

ユニヴ・プレスVol.19

ユニヴ・プレスVol.11

ユニヴ・プレスVol.8

ユニヴ・プレスVol.7

ユニヴ・プレスVol.4

ユニヴ・プレスVol.2

2023年12月1日 14:53