アートの力で地域の魅力を発信!『タマリバーズ Vol.11』開催

  • TOP >
  • Activity News >
  • アートの力で地域の魅力を発信!『タマリ...

上野毛キャンパスに隣接する二子玉川ライズとの地域連携アートプロジェクト『タマリバーズvol.11 』を、2022年10月8日(土)、9日(日)の2日間にわたり、世田谷区玉川の二子玉川ライズ ガレリアで開催いたします。広場演劇『ふたこのわたし 真夜中におはよう』の上演のほか、学生が作ったアート作品の販売やワークショップなどのイベントの開催も予定しています。また、近隣の保育園児とのコラボレーション企画も実施します。

前回開催「タマリバーズvol.10」(2021年)の様子

『タマリバーズ』は、世田谷区に二子玉川ライズが開業した2011年から毎年開催している、二子玉川ライズと多摩美術大学による地域連携アートプロジェクトです。同じ世田谷区にある上野毛キャンパスの統合デザイン学科と演劇舞踊デザイン学科が協力し、企画の立ち上げからコンセプトの設計、脚本、演出、衣裳、小道具、さらにWEBコンテンツやポスター等のメディア展開まで、学生が主体となって実施しています。2016年度からは本学のPBL(Project-Based Learning)科目として、産学連携のカリキュラムを展開しています。

昨年10周年の節目を迎え、新たなステージへと踏み出すことになる今年の第11回公演は、「夢の世界」を舞台とした広場演劇『ふたこのわたし 真夜中におはよう』を上演します。

現実の世界から夢の世界へと迷い込んだ主人公の前に現れる、空想が生み出した「夢の住人たち」や、トラウマが生み出す「闇の住人」、夢の世界を自由気ままに飛び回る「星の子」など、色とりどりのキャラクターたち。主人公の「夢」 と「現実」が交錯し加速していく物語は、刻々と変化し、ときに閉塞感を感じる現実の世界を生きる観客たちに、「おやすみ」と「おはよう」という言葉に込められた本当の意味を問いかけます。

『タマリバーズ vol.11』実施概要

広場演劇『ふたこのわたし 真夜中におはよう』

日程:2022年10月8日(土)、9日(日)
公演時間: 11:00~/14:00~/17:00~(各回45分 1日3回公演)
会場:二子玉川ライズ ガレリア
東京都世田谷区玉川2-21-1
東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅直結
https://www.rise.sc/

料金:観覧無料 全席指定
※開演時間の30分前より、会場受付で座席指定券を配布します。

主催:多摩美術大学、二子玉川ライズ
※新型コロナウイルス感染症拡大の今後の状況により、開催内容の変更や開催中止となる場合があります。また実施に際しては、政府や自治体等の発表を踏まえ、実施内容の検討や感染予防対策を徹底して行います。

学生が作ったアート作品のチャリティ販売やワークショップなどのイベントも開催

『タマリバーズ』では、ガレリアで実施される広場演劇のほかにも、学生が作ったアート作品の販売やワークショップの開催など、二子玉川ライズを舞台としたイベントの開催も予定しています。

1.「ふたこのわたし はみだしあたー!」
日時:2022年10月8日(土)、9日(日)12:30~/15:30~
会場:二子玉川ライズ テラスマーケット 1F/ルーフガーデン 4F めだかの池/リボンストリート~大階段

広場演劇の上演時間外にガレリア以外の場所でパフォーマンスを行う企画。2019年まで行っていた「ツアー演劇」をベースに、コロナ禍でも楽しめる密にならない「ガレリア外演劇」として実施。それぞれの実施会場の環境を活かしたパフォーマンスが楽しめます。
※天候等により開催内容の変更や開催中止となる場合があります。

2.「たまたまマーケット」
日時:2022年10月8日(土)、9日(日)11:00~18:00
会場:二子玉川ライズ ガレリア

本学学生による作品が多くの人の手に渡ってほしいという思いから始まった「アートマーケット」。 売上の一部は「一般社団法人二子玉川エリアマネジメンツ 二子玉川かわのまちアクション」に寄付されます。

3.「星空に願いをワークショップ」
日時:2022年10月8日(土)、9日(日)11:00~18:00
会場:二子玉川ライズ ガレリア

二子玉川ライズ内の保育園、はじまりはじまりえん nikoとのコラボレーション企画。園児たちに作ってもらったパネルの上に、「ふたこのわたし」キャラクター「ドリ」の短冊に願い事を書くワークショップ。最終的には、星空と眠りにつく「ドリ」が空をかけている絵が完成します。

「ふたこのわたし 真夜中におはよう」キャラクター
左から「ゆめちゃん」「ドリ」「むっくん」

開催までの期間を盛り上げる!『タマリバーズ』 プレイベント

『タマリバーズ』の開催を盛り上げるため、多摩美術大学と二子玉川ライズが連携し、下記プレイベントを開催します。

1.「寝相あつめ」
期間:2022年9月24日(土)~10月9日(日)
会場:二子玉川ライズ内 3か所

二子玉川ライズのどこかに「ふたこのわたし」キャラクター「ゆめちゃん」「むっくん」「ドリ」のパネルが登場。パネルと一緒に寝相写真を撮りながら、パネルに記載してあるあいことばを集めると、イベント当日に景品としてオリジナルシールがもらえます。(景品交換:10月8日(土)、9日(日)11:00~18:00 会場受付にて配布)

2.「ふたこのわたし 星空コラボメニュー」
期間:2022年9月上旬~10月9日(日)
会場:オークモール 2F 二子鮨、リボンストリート 移動型BAR SORAC

二子玉川ライズ内のお店と星空をテーマとしたコラボメニューを販売します。※コラボ店舗の詳細は『タマリバーズ』公式HP(https://tamarivers.com)にてお知らせします。

二子玉川キッズアーティストとエントランス共同創作

2021年から広場演劇の劇場ゲートを飾る作品を創作・提供している「ロハスキッズ・センター クローバー」のキッズアーティストたちと今年もコラボレーションいたします。二子玉川地域連携の一環としてタマリバーズを盛り上げてくれており、2018年のvol.7、2019年のvol.8では広場演劇にも出演しています。

「ロハスキッズ・センター クローバー」とは二子玉川にある、外遊びと読書、アート教育に力を入れたオリジナルカリキュラムを提供する東京都世田谷区の認可外保育園です。

多摩美術大学PBLについて

多摩美術大学が実施しているPBLとは、Project-Based Learning の略で、プロジェクトをベースにした実践型・参加型の授業を指します。全学科の学生が横断的に履修することができ、異なる専門的なスキルを持った各学科の学生が集まることで、幅広く柔軟な考え方や新たな創造を生み出す学びの場となっています。

『タマリバーズ』は、2016年度より、このPBL科目として、産学連携のカリキュラムを展開しています。アートやデザインが、なぜ社会と人間に不可欠なものであるのかを『タマリバーズ』を通じて模索していきます。半屋外であり、風の通り道であるガレリアを “広場“ ”劇場 “と見立て、コロナ禍においても、私たち自身と街が活気を失わないための、アートプロジェクトを発見、構想、創作、実施していきます。

関連リンク

「タマリバーズ」公式サイト
多摩美術大学PBLについて
統合デザイン学科紹介ページ
演劇舞踊デザイン学科紹介ページ

2022年9月5日 11:02